概要・ミッション

文部科学省IB教育推進コンソーシアムは、日本における国際バカロレアの普及を目的として、2018年5月に文部科学省からの委託を受けて設立されました。

文部科学省IB教育推進コンソーシアムは、以下の5つの事業を運営します。

  • 文部科学省IB教育推進コンソーシアム運営業務
    国内のIB認定校、IB候補校だけでなく、IBに関心のある学校や地方公共団体のニーズや課題を解決するための会議体を運営します。
    さらにIB資格取得者の受け入れ主体(大学・企業)
  • 国際バカロレア教育の効果に関する調査研究業務
    IB教育の普及状況について調査を行います。また、IB教育の国内における実践事例や、日本の教育とIB教育の高価に関する比較等の調査研究を行います。
  • 国際バカロレア導入を検討する学校等への支援業務
    IB導入に関心を持つ学校や教育委員会に対して、IB認定に向けた情報提供を行います。また、IB認定手続きに関するマニュアルをアップデート・整備します。
  • ICTプラットフォームの構築・運営業務
    IBに関心を持つ一般の方を含めた国内のIB関係者間の情報共有を目的としたICTプラットフォームを構築します(2018年秋公開予定)。
  • シンポジウム等の開催業務
    IB教育に関する情報発信の場として、IBに関するシンポジウムを年に1回、またIB普及を目的としたカンファレンスを年に1回開催します。

上記の運営は、文部科学省と国際バカロレア機構との協議に基づき実施されます。