IBに関するヒアリング訪問

国際バカロレアに関するヒアリング面談の希望について(申込ページ)

現在、文部科学省では、グローバル人材育成の観点から、国内における国際バカロレア教育(以下、「IB教育」という)の普及を推進しております。 また、平成30年度から「文部科学省IB教育推進コンソーシアム」を立ち上げ、全国におけるニーズの集約からIB校認定までを一貫してサポートする体制(IB教育導入サポーター制度等)を整備しております。


IB教育は、課題論文、批判的思考の探求等の特色的なカリキュラム、双方向・協働型授業により、グローバル化に対応した素養・能力を育成する教育プログラムであり、世界中の様々な国や地域において幼稚園から高校までのプログラムが提供されております。日本語での授業ならびに最終試験も認められており、近年国内の学校でも導入が進んでおります。また、国際的に認められる大学入学資格(国際バカロレア資格)も取得可能であるほか、国内の大学でもIBスコアを活用した入試の導入が進んでおります。

つきましては、IB 教育の導入に関心のある学校へのヒアリング面談の希望がございましたら、 下記のWEBフォームよりお問い合わせの程よろしくお願いいたします。

【国際バカロレアに関するヒアリング訪問への希望調査お申込みはこちら】


IB教育導入サポーターへの個別面談について(受付ページ)

コンソーシアム事務局では、下記の事柄に関しまして、IB関心校・候補校の学校関係者の皆さまを対象に、IB教育導入サポーターによる個別面談を受け付けております。 面談の希望がございましたら、受付フォームよりお問い合わせください。

【2021年度文部科学省IB教育導入サポーター名簿一覧PDF】

【可能な相談事項について】
1.IB教育の導入事例の共有と地域での IB 教育の基本的理解の促進
2.IB教育のカリキュラム編成(告示に基づく学習指導要領と IB 科目の整合性等)に関する助言
3.IB教育導入のための自治体・学校における予算計画確保等に関する助言
4.その他、上記以外における IB 教育をめぐる日本の学校が抱える諸課題への助言


【面談の方法】
・オンライン面談(Zoom)
・面談の時間につきましては応相談となります。(原則として1、2時間程度)

【IB導入サポーターによる個別面談へのお申込みはこちら】


    

<事務局連絡先>
〒179-0072 東京都練馬区光が丘7丁目5−1(アオバジャパン・インターナショナルスクール内)
文部科学省IB教育推進コンソーシアム事務局: 小澤 大心 ・ 金子 香
TEL:070-4448-1404 / FAX:03-6735-4092   / E-MAIL:consortium.info@aobajapan.jp
HP https://ibconsortium.mext.go.jp/